はぴまむ

子育て中もハッピーに日々を過ごしたい主婦がお仕事のことや役に立った情報などをつづっています。

家にあるものでOK!おねしょ対策 簡単手作りおねしょケット

time 2015/07/08

トイレトレーニングをはじめてしばらくすると、昼間は完璧になってもおねしょが心配。。

夜だけオムツ?トレーニングパンツ?防水シーツ?なにが一番いいんだろう?

防水シーツは娘の寝相を見て却下。トレーニングパンツはなんかごわごわしてるし乾きにくそうで却下。

と、いろいろ悩んでとりあえず夜だけオムツにしてみたんですが。。オムツはいてるときに限っておねしょしないのに、もう大丈夫なのかな?ってパンツで寝かせるとおねしょをする

なんでやねーん!

そしてオムツを再度はかせる。おねしょしない。きれいなオムツがどんどん消費されていく。。

これ、めっちゃもったいないやん!

そう思った私は別の手を考えるべくGoogle先生に頼りました。

するとこんなの発見。

 

ほうほうこれは便利じゃないか。と食いつくゆいくり。と同時にこんなのも発見。

【おねしょ】布団が濡れない手作り対策グッズの作り方(トレパン、おねしょケット)naverまとめ

おねしょケットつくれるんか!ならばつくろうじゃないか!!

sponsored link

準備するもの

  • フリースブランケット
    どっかでもらったりして家に余ってるやつとかでOK。
    なければ100均とかにもかわいいの売ってます。
    子供の気に入った布で作ると喜んではいてくれます!
  • ゴム
    なかったら紐でもいいけど、毎回くくるのめんどうでした。
  • 薄めの使い古したタオル
    使いすぎてちょっとバシバシになった湯上げタオルとか残ってたらそれでもOK!
    むしろ水分を吸収してくれるならなんでもOK!
  • スナップボタン
    あれば。なかったら糸で縫いつけちゃう!
  • ミシン
    あれば。なかったら手縫いでOK!
  • 固形石鹸

フリースブランケットを撥水させる

まずは、フリースブランケットをそのまま使用するとおねしょが漏れちゃっておねしょケットの意味がないので、撥水するように加工します。

加工とか言っても撥水スプレーとかそんな特殊なものを使わずに簡単に撥水させることができるんですって!
その方法は、フリースを水で濡らしたあと、ただただ固形石鹸で全体をまんべんなくゴシゴシしてそのままお洗濯するだけ。

するとなんということでしょう!フリースでお水がくめるようになります!感動!

撥水効果が薄くなってきたらまた水で濡らしてから固形石鹸でゴシゴシしてお洗濯すれば復活します。

フリースだから市販の防水布より通気性もいいし蒸れないですよー。ちょっと夏は暑そうだけど、今のところあせもがひどいとかおかしなことにはなってません。なので大丈夫そう?

おねしょケットを実際に作ってみよう

作る!って言ってもフリースブランケット自体がちょうどいい大きさなので、切ったりはしないでそのまま使います。縫うだけです。

中のタオルは、もし湯上げタオルを使用する場合ちょっと切ったほうがいいかもしれません。

フリースブランケットをタオルを合体させる

bedwetting-ket01

フリースブランケットを広げて真ん中あたりにタオルを置いたら、タオルをはさむように上下のはしを折り返して縫います

はさみこむ理由は、中のタオルだけまくれあがってしまうの防止です。

上はゴムが通るくらいの幅なら小さくてOK。下はタオルがはさみこめて一緒に縫えるくらい。

左右をあわせて筒状にする

bedwetting-ket02

上のゴムを通す部分だけは縫わないで残しておいて、あとは適当にガーっと縫っちゃいます

上下をきちんとタオルごと縫ってたら、左右の縫いしろはタオルからはみ出てても大丈夫です。多少端っこがペラペラするくらい。

ゴムを通してスナップボタンをつける

bedwetting-ket03

お子さんの腰周りにあわせて長さを調節したゴムを通します。

細いゴムならちょっとキツめでも大丈夫。太いゴムだったらキツめだとちょっと痛いかも。

すそにはずり上がってこないようにスナップボタンをつけました。

でもトイレの時は脱がせばいいだけだから、スナップボタンじゃなくて普通にすそあたりをぴーっと縫っちゃっても平気です。

あまり長く縫っちゃうと寝てるときに不自由になるので、縫うなら1~2cmくらいで。

実際、娘もトイレの時は脱いで行くから、スナップボタンはあんまり使ってないです。

簡単手作りおねしょケット まとめ

bedwetting-ket04

以上でできあがりです!簡単ですね。

ひっくり返すといい感じ。冬用のかわいいスカートみたい。

今回は何かのときにもらったかわいいフリースブランケットがあったのでそれを使いましたが、自分で作ると好きな柄のおねしょケットができるからお子さんも喜ぶし一石二鳥!

100均にこだわらなければアナと雪の女王とか妖怪ウォッチとかのフリースブランケットもあります。

bedwetting-ket05
今のところ2度ほどおねしょの攻撃を防御してくれてるおねしょケット。

簡単だし娘本人もお気に入りだしで作ってよかったです。

できあがりサイズはちょっと大きめなので、3歳くらいなら胸あたりまであげてスリーパー代わりにもなったりするので便利。

この大きさなら6歳くらいまで使えそうです。

作り方もそんなに難しいものじゃないから、ミシンがなくても手縫いでいけそう。

ミシンないよー!って方もぜひ作ってみてください。

 

2015年12月追記 石鹸ごしごしだけではフリースが撥水しない?!

コメント欄にて、記事の通りに作ってもフリースが撥水しなかったという情報をいただきました!

石鹸の種類によるのか、はたまたフリースの種類とかによるのかは謎ですが、コメント欄に解決方法まで書いてくださったのでご紹介させていただきます。

はじめまして。
固形石鹸でゴシゴシして洗っても、撥水しなかったのですが、撥水しやすい方法がわかりましたので、コメントさせてください。
1.ゆいくりさんのやり方でフリースを石鹸ゴシゴシ
2.酢かレモン汁を入れた水でフリースをすすぐ(洗面器の水に小さじ1くらいの酢で大丈夫かと思います)
3.脱水をして干す
で、撥水しました。
酢水が石鹸カスを残りやすくして、それが撥水してくれるみたいです。

これで、おねしょけっとが作れます(^ω^)

以上あーくんさんよりの耳寄り情報です!

もし普通に石鹸ごしごしだけでは撥水しなかった。。って方がいらっしゃいましたら、酢やレモン汁ですすぐ工程を追加してみてください!

あーくんさん、ありがとうございましたー!!

sponsored link

コメント

  • はじめまして。
    固形石鹸でゴシゴシして洗っても、撥水しなかったのですが、撥水しやすい方法がわかりましたので、コメントさせてください。
    1.ゆいくりさんのやり方でフリースを石鹸ゴシゴシ
    2.酢かレモン汁を入れた水でフリースをすすぐ(洗面器の水に小さじ1くらいの酢で大丈夫かと思います)
    3.脱水をして干す
    で、撥水しました。
    酢水が石鹸カスを残りやすくして、それが撥水してくれるみたいです。

    これで、おねしょけっとが作れます(^ω^)

    by あーくん €2015年11月23日 9:39 PM

    • あーくんさん、コメントありがとうございます^^
      固形石鹸で撥水しなかったとの情報ありがとうございます!
      記事にコメント欄からの情報として追記させていただきます!
      撥水するしないにはなにか条件などが違った可能性などがあるのでしょうか。。
      ともあれ、酢やレモンの酸性がいい感じに働くのですね!
      耳寄り情報感謝です☆

      by ゆいくり €2015年12月2日 2:25 AM

down

コメントする




sponsored link

はぴまむの中の人

ゆいくり

ゆいくり

30代の子育て中主婦。在宅勤務OK!という理解ある会社に拾っていただき、そこで働きながらフリーランスとしても活動中。webサイト製作などを中心に活動しています。 [詳細]