はぴまむ

子育て中もハッピーに日々を過ごしたい主婦がお仕事のことや役に立った情報などをつづっています。

WordPressの記事投稿では改行や段落をきちんと使い分けよう

time 2015/07/01

WordPressのビジュアルエディタで記事の投稿をしていると、普通にエンターを押して改行したつもりなのに、
「あれ?なんか改行にしては行間があきすぎてるな。。」
なんてこと思ったりしませんか?

実はそれ、改行じゃなく段落になっているんです。

改行と段落は使い方次第で、読みやすくも読みにくくもなります。
ユーザビリティを追求するなら、改行と段落を使い分けてより見やすい記事を書いていきましょう。

sponsored link

そもそも改行と段落とは?

まずは改行と段落のちゃんとした意味を覚えておきましょう。

  • 改行とは…文章を整えるために区切って行を新しくすること。
  • 段落とは…長い文章を幾つかのまとまったブロックに分けること。

一見どちらでもよさそうに思いがちですが、上記のようにまったく意味は違うんです。

ただ長いから段落で区切る…ではなく、きちんと意味を理解し改行と段落を使い分けることで、読み手にやさしい文章を書くことができます。

改行・段落 使い分けのポイント

ではどのように使い分ければいいのか?

一番のポイントは、読み手が読みやすいかどうか。

とはいっても感じ方は人それぞれなので、目安がないとなかなか難しいですよね。

改行のポイント

改行の目安は約30文字ほどと言われています。

これはあくまでも目安で、文章の途中なのに30文字に達したからぶつ切りにして改行、では逆に読みにくくなってしまいます。

読み手が読み疲れない長さの文章で書きつつ、読点ごとに改行するのが一番簡単な方法かもしれません。

段落のポイント

段落のポイントは改行のポイントよりも明確です。

だいたい多くても3~4行で1区切りにするとよいと言われています。

理由はそれ以上の行が固まっていると、1ブロックの文章量に圧倒されて読む気がなくなってしまうからです。

改行・段落の挿入方法

それでは改行と段落の違いやポイントがわかったところで、実際に改行・段落を挿入してみましょう。

入力キー テキスト入力での表示(HTMLソース)
改行 Shift + Enter 文章<br />
段落 Enter <p>文章</p>

覚えるのは上記の入力キーです。

改行の挿入方法

では実際に改行を挿入してみましょう。
wordpress-paragraph
改行したい部分をクリックして選択し、「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを押せば改行されます。
wordpress-paragraph01

段落の挿入方法

次は段落を挿入してみましょう。
wordpress-paragraph
さきほどと同じように改行したい部分をクリックして選択し、「Enter」キーを押せば段落の挿入完了です。
wordpress-paragraph02

改行と段落 まとめ

とても基本的な改行と段落の使い分けですが、これを覚えて使い分けることで格段にユーザビリティはアップします。

基本をおさえて読みやすい記事を書くことで、読み手にも伝わりやすくなりリピーターにつながるということを考え、細かな部分にも注意して記事を作成しましょう。

sponsored link

down

コメントする




sponsored link

はぴまむの中の人

ゆいくり

ゆいくり

30代の子育て中主婦。在宅勤務OK!という理解ある会社に拾っていただき、そこで働きながらフリーランスとしても活動中。webサイト製作などを中心に活動しています。 [詳細]